熊本大学 大学院保健学教育部・医学部保健学科 地域看護学分野

熊本大学 大学院保健学教育部・医学部保健学科 地域看護学分野 集合写真

ご挨拶

集合写真

地域看護学分野に興味関心を持って下さり有難うございます。

当分野では公衆衛生看護学、在宅看護学、老年看護学に関する教育・研究・実践を行っています。地域に暮らす全ての人々を対象に、命の誕生から終焉まで、各々の時期の健康維持・増進、生活の質(QOL)の向上を実現するために、人々や地域に存在するあらゆる資源を活用して教育・研究・実践に取り組んでいます。

大学には、地域住民の生活や実践現場の活動がより良くなっていくために教育研究活動を行うという使命があります。したがって、大学は、できるだけ現場の活動に触れ、現場の課題を共有できるところに位置することが重要です。現場や地域の課題解決につながるべく、公衆衛生看護学、在宅看護学、老年看護学の理論・モデル・手法について発信し、社会に役立つエビデンスを地域住民や現場の皆さまと作り出し集積していくことが使命です。

私たちが取り組んできたテーマとしては、「地域における障害や慢性疾患をもつ児(者)の健康課題と健康リスク要因に応じた地域ケアシステム・地域ケアプログラムの開発」、「地域との関わりによるセルフヘルプ・グループのエンパワーメント」、「在宅認知症高齢者を介護する家族のソーシャルサポートを活用した支援モデルの構築」、「認知症高齢者の意思決定支援」などがあります。私たちはこれらの取り組みを通して地域社会に貢献しています。

私たちの取組みに関心のある方はぜひ一度、ご連絡ください。お待ちしております。

The Department of Community Health Nursing specializes in the research,education and practice concerning public health nursing, home care nursing, and geriatric nursing.

In order to maintain the health, and improve the QOL, of all the generation of people living in the community, researchers in the Department have been grappling with their subjects of study by utilizing all the available resources existing in that community and in its people.

Our subjects of study are as follows: Development of community care systems and programs for solving the health problems and decreasing the risk factors of children and people with disabilities and chronic illness; The association between self-help groups' relationship with their communities and their level of empowerment; Construction of social support model for dementia elderly family living at home; Supported decision-making for dementia elderly.

The Department of Community Health Nursing has been endeavoring to make a contribution to the well-being of the community.

お知らせ

在宅ケア実習がはじまります。
老年看護学実習がはじまります。
熊本市中央区役所、熊本市東区役所での保健師実習がそれぞれはじまります。
熊本市保健所実習がはじまります。
熊本県保健所実習がはじまります。
保健師実習報告会(天草・菊池・美里)を行いました。3年生および4年生の保健師コース学生が参加しました。
菊地市役所、美里町役場での保健師実習がそれぞれはじまりました。
天草西保健福祉センターでの保健師実習がはじまりました。
PAGE TOP