熊本大学 大学院保健学教育部・医学部保健学科 地域看護学分野

Contents

教室紹介

教員

教授 大河内彩子

教授 大河内彩子
【略歴】

愛媛県出身 東京大学大学院医学系研究科
ハワイ大学大学院人類学部(皇太子明仁親王奨学金奨学生)
看護師・保健師勤務を経て、愛媛大学大学院医学系研究科看護学専攻 助教、同講師
横浜市立大学大学院医学研究科 准教授
2018年4月より 現職

【研究テーマ】

発達障害や虐待等により発達上のリスクのある「気になる子ども」の早期発見・早期支援に向けて、「気になる子ども」概念の明確化、地域の保健・医療・福祉・教育関連の専門職の視点を生かした乳幼児健診システムの検討、これら地域の多職種連携プログラムの開発と評価を行っています。

中途障害や慢性疾患を得たことにより人生や生活の再構築を余儀なくされた人びとや子ども・その家族のセルフケア確立と新たなアイデンティティへの適応、自律に基づく社会参加の実現に向けて、セルフマネジメントプログラムや当事者主体の地域ケアシステムの開発を行っています。

【主な学会活動】
  • 日本健康学会(旧称:日本民族衛生学会)編集委員
  • 日本地域看護学会専任査読委員
  • 日本公衆衛生学会会員
  • 日本看護科学学会会員
  • 日本公衆衛生看護学会会員
  • 日本小児保健協会会員
  • International Sociological Association (ISA)会員
【主な社会貢献】
  • 神奈川県小児保健協会理事
  • 神奈川県小児保健協会あり方検討会委員
  • 神奈川県保健師教育課程臨地実習指導者講習会検討委員
  • 神奈川県県民局次世代育成部「かながわ子育て応援団」事業セミナー講師
  • 地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)環境未来都市構想推進を目的とした地域人材開発・拠点づくり事業 前向き子育て講座講師
  • トリプルP-前向き子育てプログラム ファシリテータ

准教授 安武 綾(やすたけ あや)

【略歴】

熊本県出身 聖路加国際大学大学院看護学研究科
慶應義塾大学病院の看護師を経て、家族看護の重要性を痛感し研究を開始する
東邦大学医学部看護学科 助教・講師(高齢者看護学)
熊本保健科学大学保健科学部看護学科 准教授(老年看護学)を経て
2015年から現職(老年看護学、在宅看護学、公衆衛生看護学)

【研究内容】

「認知症になっても安心して暮らせるまちづくり」を目指し、認知症高齢者を介護する家族のためのソーシャルサポートの開発と評価を行っています。

【主な学会活動】
  • 日本家族看護学会会員
  • 日本老年看護学会会員
  • 日本在宅ケア学会会員
  • 日本認知症ケア学会会員
  • International Network for the Prevention of Elder Abuse(INPEA)会員
【主な社会貢献】
  • 2015〜厚生労働省認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)に基づく認知症サポーター養成講座講師(キャラバンメイト)
  • 2015年〜Orange Project顧問
  • 2015年〜熊本県世界アルツハイマーデー記念講演会実行委員
  • 2017年〜認知症カフェ(オレンジカフェ八景水谷)顧問
  • 2018年2月 熊本市東区認知症サポーターリーダー・認知症ケア実践者研修講師

助教 松本佳代

【略歴】

熊本県出身
熊本大学教育学部特別教科(看護)教員養成課程
熊本学園大学大学院社会福祉学研究科
熊本大学医学部附属病院での勤務を経て、平成19年より現職

【研究テーマ】

認知症高齢者のエイジング・イン・プレイスに関する共同研究にかかわらせていただく中で、住み慣れた地域でその人らしく生活するための支援に関心をもつようになりました。現在、「独居高齢者がケアサービスに関する情報を得て選択し望む生活を送るための支援のあり方」や、「認知症高齢者の意思決定支援」について研究に取り組んでいます。

【主な学会活動】
  • 日本地域看護学会会員
  • 日本老年看護学会会員
  • 日本在宅ケア学会会員
  • 日本認知症ケア学会会員
【主な社会貢献】
  • 2015年~熊本市キャラバンメイト(認知症サポーター養成講座講師)
  • 2015年~熊本市医師会在宅ケアセンター運営委員
  • 2017年~一般社団法人日本意思決定支援ネットワーク(SDM-Japan)

助教 松本千晴

【略歴】

熊本県出身
熊本大学教育学部特別教科(看護)教員養成課程
熊本県立保健学院
熊本県立大学アドミニストレーション研究科
保健師として熊本県天草保健所に勤務し、平成19年より現職

【研究テーマ】

保健師時代に難病の患者会の立ち上げに関わったことを機に、「セルフヘルプ・グループが地域で発展していくためにはどのような支援やしくみが必要か」ということを考えるようになりました。現在は、セルフヘルプ・グループだけでなく、老人クラブ連合会や食生活改善推進員、子育てサークルなどの住民組織の発展について、ソーシャル・キャピタルと関連づけながら研究をしています。

【主な学会活動】
  • 日本公衆衛生学会会員
  • 日本看護科学学会会員
  • 日本公衆衛生看護学会会員
【主な社会貢献】
  • 2010年~ 熊本市難病・疾病友の会 世話人

メンバー

2018年度保健師コース生

井上 亜美、上田 みのり、上野 佐和子、有働 由梨、岡村 優衣、小野 真歩、木﨑 朱音、京牟禮 佳奈、榮 真実、嶋 菜摘、松尾 みさき、添田 菜緒、鶴田 真由、西田乃理枝、広田 來瑠美、前田 紫歩、南 ちひろ、山内 彩花、湯淺 李菜、立宅 広奈

2018年度リサーチトレーニング学生

学生氏名研究テーマ
奥村 真実地域住民を対象とした運動習慣の現状や継続に影響する因子について
宮久 祥乃退院後在宅で生活する患者に対する支援と地域との連携について
岩本 美咲認知症高齢者と地域包括ケアシステムの関連、またシステムをうまく機能させるための看護師・保健師の関わりについて
清家 実祐高齢者に対する市町村などからの支援の有無によって要介護度や健康状態に差が出るのかについて(疫学調査)
中村 優子地域住民に対する疫学調査(地域に特徴的な生活習慣の傾向を知り、健康課題と関連付ける)。地域の住民組織の関わりが地域の健康課題に対してどのような影響をもたらしているのか
松林 沙耶佳・農村地区における住民の生活習慣、生活習慣病に対する保健師のかかわり
・地区の住民組織と保健師とのかかわり、協働について
・歯科保健に対しての保健師、他職種の取り組み
・地域包括支援センター保健師と市町村保健師との連携の実際について
浦田 姫佳認知症高齢者のBPSDに対する家族の感情
中川 知香子「認知症高齢者の家族の介護負担」について家族が必要としている支援制度や介護における負担感は認知機能低下と比例するのか
荒木 涼在宅終末期における訪問看護師の役割について
奥平 穂乃花がん患者の在宅移行における病棟看護師の役割
寺本 愛在宅移行における病棟看護師の役割について

2017年度保健師コース生

勇 香穂、石本 怜奈、岩本 美咲、犬童 陽子、浦田 姫佳、小笠原 優樹、奥村 真実、折田 沙織、川畑 妃凡乃、清田 莉帆、古林 愛莉、清家 実祐、田中 花鈴、坪田 菜乃佳、中尾 友佳、中村 優子、福原 早織、松林 沙耶佳、宮久 祥乃、山口 春佳

PAGE TOP